日輪(東京都中央区、永井元章社長)は、ISOタンクコンテナを活用した危険物の国際物流事業を強化する。2017年に現地法人を開設し、上海を中心に華北、華南地区でビジネスを展開してきた中国で、事業エリアのさらなる拡大に取り組む。シンガポールなどアジア諸国との3国間輸送も手掛けていく方針で、日本国内で長年にわたって培ってきた化学品輸送に関する知見を生かした高品質で付加価値の高いサービスを生かし、チャンスを見いだしていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る