新日鉄住金傘下の日鉄ケミカル&マテリアルは、独BASFグループと組み橋梁などのインフラ補修工事に使う新工法を開発した。塩分を通しにくくする薬剤を浸透させてコンクリートの劣化や鉄筋の腐食を防ぎ、炭素繊維シートを上から貼り付けて補強する。塩害対策が必要な沿岸部や豪雪地帯にあるコンクリート構造物に売り込む。

シラン系含浸剤の上に塗布できるプライマーを開発

PDF版のご案内

つづきは本紙をご覧ください

エネルギー・素材の最新記事もっと見る