旭化成はあらゆるモノがネットにつながるIoTやAI(人工知能)などのデジタル技術による工場の生産革新を全方位的に進める。品質検査の自動化やプラントの異常検知システムの導入などによる生産現場の高度化を加速させるため、生産技術系のデジタル技術者を約5倍に拡充。工場の技術陣と一体となった現場密着型で導入のスピードを上げる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

【セミナーご案内】
《研究開発セミナー》『化学・素材産業における新たな研究開発の方向性』
 ~マテリアルズ・インフォマティクス(MI)から量子コンピュータの展望まで~

経営の最新記事もっと見る