【杭州(浙江省)=但田洋平】旭化成は、水処理用中空糸ろ過膜「マイクローザ」で中国の現地ニーズに即した事業体制を整える。高い成長率の一般水処理需要に対応し地産地消を推進。従来、富士支社(静岡県富士市)で製造してきた製品を現地で作れるようにするため、今年下期にもモジュールの組み立て新設備を導入する。環境規制の強化を受けて河川の水質改善が急がれるなか、下水リサイクルなどの課題解決を商機に結びつけていく。

厳格化する環境規制にも対応(旭化成分離膜装置<杭州>)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る