旭化成は次世代電池材料の開発を強化する。世界首位に立つリチウムイオン2次電池(LiB)や鉛蓄電池用セパレーター(絶縁膜)の性能を高める材料、新型蓄電池向けの材料開発を同時並行で進める。LiBの開発でノーベル化学賞を受賞する吉野彰名誉フェローが築いた技術の礎を継承発展させ、車載用蓄電池の普及を後押しする次世代材料の開発でも主導的役割を果たす。続きは本紙で

旭化成は富士支社の新事業開発棟に電池の評価体制を持つ

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る