旭化成は高い殺菌効果を持つ深紫外線を照射する発光ダイオード(LED)を組み込んだ水用の殺菌器を拡充する。今年9月に販売する飲料水用の新製品に続き、工場排水などをターゲットにした殺菌器も開発を進める。深紫外LEDは水だけでなく、空気や表面殺菌の分野でも市場拡大が期待されている。まず応用製品の展開先として、水分野を重点開拓する。

飲料水用に続き、工場排水向け殺菌器を開発

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る