旭化成は将来を見据えた研究開発を加速する。研究・開発本部内で研究所の専門性を高める組織再編を4月に実施。ベンチャー投資や大学などとのオープンイノベーション、人工知能(AI)などのデジタル技術も活用して研究開発効率を高め、「環境・エネルギー」などの分野で新規事業を生み出す好循環につなげる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る