旭化成は注力分野の1つと位置付ける「環境・エネルギー」分野の新技術開発に力を注ぐ。発電所や工場の排ガスから二酸化炭素(CO2)を効率良く分離・回収する吸着剤、高価な白金を使わない燃料電池用触媒などを開発。CO2などを原料に化学品や燃料を作る「グリーンケミストリー」の探索研究や開発も進める。低炭素社会の実現に向けて鍵となるCO2や水素の利活用技術を磨き、イノベーションによる社会変革を主導する。続きは本紙で

旭化成は欧州でのグリーン水素事業への参入に向けて、ドイツ・ヘルテン市にある水素関連の技術開発拠点「h2herten」でアルカリ水電解設備の実証実験を進めている

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る