旭化成は、知的財産をビジネスに生かす「IPランドスケープ(IPL)」の活用領域を広げる。事業戦略の構築やM&A(合併・買収)などの経営判断に役立てることに加え、グループ横断的な新事業創出のツールにも使っていく。知財分析のノウハウを生かし、社内融合によるシナジー創出を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る