旭化成は、次世代電気自動車(EV)向けリチウムイオン2次電池(LiB)用セパレーターの研究開発を加速する。正極材の変更によりLiBの高容量化が進むなか、トレードオフの関係にあるとされる安全性をセパレーターの改善で担保する考え。突き刺し強度の強化や負極から発生する樹枝状結晶の防止(デンドライト対策)、膜厚の最適化などに取り組む。セパレーターに対する要求を総合的に理解し、新たな性能を具現化することで、車載用での採用増へつなげていく。


湿式の「ハイポア」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る