旭化成は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を原料に使って、ポリウレタン原料イソシアネートの新素材を開発した。ポリウレタンに生体適合性や生分解性を持たせることが可能で、複雑な化学反応を制御する独自技術を確立して実現した。医療用接着剤などの需要を見込み、2030年の事業化を目指す。CO2を原料に化学品を製造する「CO2ケミストリー」の得意技術を深化させることで、革新素材の創出と低炭素社会への貢献を同時に実現する。続きは本紙で

アミノ酸骨格のイソシアネートを使うことで生体適合性や生分解性を持つポリウレタンができる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

先端材料・部材の最新記事もっと見る