旭化成メディカルは、バイオ医薬品の製造プロセス事業を強化する。製造工程で用いるウイルス除去フィルターを軸に周辺の技術・サービスへと事業領域を広げる狙いで、最終製品の出荷前試験を担う評価受託サービスへの参入を検討する。M&Aの活用も視野に入れる。バイオプロセス市場は米欧のライバルも買収を積極化し競争が激しい。向こう3年間で新製品投入や増強投資も加速し、成長につなげる。続きは本紙で

ウイルス除去フィルター(上)を生産するプラノバ工場

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る