【上海=中尾祐輔】旭化成エレクトロニクスの中国現地法人、旭化成電子科技(上海)有限公司は、新規分野の育成に力を注ぐ。スマートフォン向け電子部品が売上高の7割を占めるなか、車載ディスプレイオーディオ向けLSI(大規模集積回路)、エンジン音を付与するプロセッサー、CO2センサーなど自動車分野での開拓を強化する。このほかエアコンをはじめとする白物家電、産業機器向けでの開拓も強化。収益構造の多様化で売上高年2ケタ成長を継続させる考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る