旭化成エレクトロニクス子会社の旭化成電子科技(上海)有限公司は、中国のスマートフォンメーカーに次世代ソリューションを提供する。拡張現実(AR)向けに、クローズドループと呼ばれるオートフォーカス(AF)技術のニーズが高まるなか、これに対応するドライバーICを拡販する。カメラモジュールでは、オートフォーカス用のドライバーICを提供するだけでなく、手ぶれ補正のソフトウエアを組み合わせることで中華スマホのハイエンド志向に対応、市場での存在感を高めていく。

ローカル系各社はカメラ機能向上に注力(上海市内の家電量販店)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る