- 旭化成から移り10年目での社長就任です。

 「当社での経験は樹脂が5年、管材システムが4年。現場を見てきたことで当社の強さも弱さも実感している。藤原孝二会長は社長時代に社内外に分かりやすいメッセージを常に発信し続けていた。良い戦略を立てても現場に理解されていなくては意味がない。私も戦略と実行の乖離が起きないよう力を注ぐつもりだ」

 - どのようなメッセージを発信しますか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る