明電舎は、昨年4月にスタートした群馬東部地域の上水道包括事業をモデルに上下水道分野における官民連携による水ビジネスを推進する。三井田健社長は、「(群馬東部モデルは)地域住民に安心感があり、かつ官の責任が明確でリスクを管理できるモデル」としており、同事業の対象地域拡大や他の地域への展開を検討していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る