昭和電工は負極材と導電助剤を軸にリチウムイオン2次電池(LiB)材料事業を拡大する。まずは数年後に300億円の売り上げを目指し、最大の電池市場である中国に注力する。負極材は中国企業への生産委託を活用して急な需要変動への対応力を高める。導電助剤はノウハウの固まりだけに川崎工場での集中生産を続ける。電池材料はスマートフォンなどの通信や民生向けが主体だが、環境規制の強化とともに電気自動車(EV)向け需要が急増し、需給が逼迫している。

負極材料、導電助剤ともエコカー向け需要が拡大

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る