昭和電工は半導体や液晶製造時の洗浄などに使う高純度溶剤を生産する徳山事業所(山口県周南市)で、年内に試作用の精製設備を導入する。新製品や新規用途の開拓に向けた開発を加速させるのが狙い。昨年には半導体の微細加工に使うフォトレジスト向け溶剤事業に新規参入した。微量の物質を精製、分析する技術を糧に、製品開発力を高めることで高純度溶剤事業の基盤強化を目指す。

高純度溶剤「ソルファイン」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る