昭和電工は、外部と協業する「オープンイノベーション」を推進する人材の育成を強化する。野村ホールディングスなどが米国シリコンバレーで設立した企業支援プログラムに今年4月から参画し、研究開発の若手・中堅社員を派遣する。現地のプログラムやスタートアップとの交流などで得た知識や経験を社内に持ち帰り、オープンイノベーションの中核人材などで活躍してもらうことに期待する。人材育成から新たな事業・サービスの創出へとつながる好循環を生み出す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

経営の最新記事もっと見る