昭和電工マテリアルズや新光電気工業、ディスコなど半導体材料・装置12社が参画する次世代半導体パッケージ技術開発のコンソーシアム「JOINT(ジョイント)2」のギアが上がっている。初年度の2021年度は各種パーツを高密度に実装する大型パッケージ基板の設計、要素技術の検証などを進め、微細接合技術のように前倒しで成果が出ている部分もある。年内には試作・評価を行うハード面の準備が整い、参画企業による共同開発が一段と加速する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

先端材料・部材の最新記事もっと見る