先週末の天気予報では、暑さのピークは週の前半といっていたような気がする。しかし週の後半になっても和らぐ気配はなく、体に堪える暑さが続く。東京では午前7時には30度Cに達し、日が暮れても暑苦しさが残る。それでも暦の上では立秋となった▼朝のジョギングで暑さ対策として冷感アームカバーを装着してみた。半信半疑ではあったが、思いのほか効果があったので驚いた。汗をかいても気化熱作用で心地良く感じる。十分なコストパフォーマンスと満足する▼走りながら聞いていたラジオの情報番組で夏バテ対策には甘酒が良いとのこと。甘酒は「飲む点滴」といわれている。水分とブドウ糖など栄養の補給ができるためで、江戸時代には夏場にも愛飲されていたという。甘酒は冬のイメージあったが、何と夏の季語にもなっている▼来年の東京五輪のマラソンは8月9日。スタート時刻は午前6時に繰り上げとなったが、この時期、実際に走ってみると1キロ過ぎには汗が出てくる。熾烈な消耗戦になることは必至だろう。給水所を増設するらしいが、スペシャルドリンクに甘酒はどうだろうか▼週末からお盆休みが本格化。9連休の人も多いだろう。部屋の中にいても熱中症の危険がある日本の夏。レジャーに出かける人も仕事の人も無理はせずに、そこそこのペースで。(19・8・9)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る