北海道大学は日本で唯一全ての学部が同一キャンパスに集まる国立大学だ。広々としたキャンパスは歩いていて気持ちが良い。移動は巡回バス。学生は専ら自転車を使う。北国らしい白樺の並木あり、緑多い自然に囲まれたキャンパスの壮大さは日本一と言っていいだろう▼この北海道大学の北部に北キャンパスと呼ばれる一角がある。北大リサーチ・ビジネスパークだ。産官学が連携し、16の研究センターが林立する。北海道の特産品に照準を当てたバイオ系ものづくりベンチャーなども数多く拠点を構える▼かつてここはサッポロバレイとも言われ、産官学が連携してIT産業が集積した実績を持つ。ゲームメーカーのハドソンもここ北キャンパスが出発点だ。だが、多くのIT企業が世代交代の波などで消えていき、かつての賑わいはない▼そうしたなかでこの北キャンパスを新たなサッポロバレイにしようという動きが出てきた。分野はAI/IoT。AIの第一人者のひとり川村秀憲・北大大学院情報科学研究科教授と深い関わりを持つベンチャーも相次いで研究拠点を設け始めている▼北キャンパスにあるの研究センターが有機的に連携しつつ、産業集積を進めようという動きが始まっている。北の地から最先端の技術が生まれるか。まだ萌芽期だが、要注目の場所になっている。(18・6・29)

PDF版のご案内

新聞購読のご案内

精留塔の最新記事もっと見る