- 足元の状況は。

 「今のところ順調に推移している。受注は通期で1000億円に届く可能性も出ており、売り上げも計画値を達成できそうだ。水環境事業は法改正で上下水道とも官民連携の動きが強まっているが、とくに下水道の消化ガス発電を積極的に進めており、この分野で省エネ・創エネの取り組みをさらに加速していく」
 「産業事業は、タイ現法の受注が日系企業向け案件を中心に順調で売り上げは過去最高となる見通しだ。注力しているのはリチウムイオン2次電池(LiB)関連。当社が得意とする晶析、ろ過、乾燥などの技術が生きる分野だ。とくに正極材の原料である活物質の製造プロセスでは一貫してエンジニアリングを提供できることが強みだ。まずは経験を積んで、どの企業にも提供できるようにしていきたい」

 - 室蘭に工場を移転します。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る