LGディスプレイとコイズミ照明は、有機EL(エレクトロルミネッセンス)照明器具の用途開拓を推進する。LG側が量産する有機EL照明パネルをコイズミ側が照明器具化し、商品化を目指す。0・4ミリメートルという極薄、軽量、ポリイミド基板による柔軟性を生かせる用途を探る。照明器具としては量産にいたっていないものの、2018年度中に1件、施設向けに実績化する見込み。医療用、家電との組み合わせなど特徴が生かせる市場を幅広く開拓していく考え。

柔軟性を生かせる用途を探る

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

先端材料・部材の最新記事もっと見る