- 2018年の総括を。

 「上期は増収増益で利益は2ケタの伸長となった。通期は増収となり売上高は過去最高となる見込みだ。主力の車載照明製品やRFIDタグ用ゴム製品の販売増加が目立つが、全事業にわたりここ数年取り組んできた新製品が顧客に評価された結果と理解している。一方、通期の利益見通しは減益となる見込みだが、将来の事業展開を見据えた取り組みを先行して着手している」

 - 最近の自動車市場をどうみていますか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る