朝日ラバーは、LED(発光ダイオード)照明用白色インキの規模拡大を推進する。新たに耐熱温度500度Cの「RGシリーズ」を上市した。はんだリフロープロセスに対応する耐クラック性を実現することで、リジット/セラミックス基板向け販売を強化する。加えて「SWRシリーズ」を塗布したポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム材と、同シリーズを噴霧したアルミニウム板の試作販売を開始し、市場開拓の取り組みを加速する。拡販に向けて電子部品専門のWEB通販サイトを新たに活用する計画であり、一連の施策により3年後に売上規模3億円超へ拡大する。続きは本紙で

LED照明用白色インキの規模拡大を図る

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る