- 昨年の事業の状況をどうみますか。11月には通期の利益予想を上方修正しました。

 「年初は厳しい見方をしていたが、半導体材料は若干勢いをなくしているものの出荷は減っておらず、スマートフォン用レンズ向けの特殊ビスフェノールもスマートフォンの複眼化で伸びている。ビタミンE原料のトリメチルフェノールも底固い市況を背景に想定していたより堅調だ。気持ちは前期実績の営業利益32億700万円を1円でも上回りたいものの、予定通り32億円になるとみている」

 - 半導体市場は踊り場で、米中貿易摩擦の影響も懸念されます。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る