村上産業(本社・松山市、清水完二社長)はこのほど、発泡成形時に頻繁に発生する縞模様の「スワールマーク」を低減させた発泡剤「WOLBENIX」(商品名)を市場投入した。当面は樹脂販売で実績がある名古屋支店が主導して中京地区の自動車部材メーカー向けに積極的に営業を進め、これをベースに全国展開へ広げる考え。2020年には発泡剤単独で5000万円の売り上げを見込む。スワールマークを軽減したデモ用成形機での試作提供にも乗り出した。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る