東ソーは、ハイシリカゼオライト(HSZ)の成長市場の取り込みに注力する。用途の半分を占める自動車排ガスの浄化触媒向けに加え、中国をはじめアジアを中心に伸びしろのある環境分野などでニーズを掘り起こす。生産体制の強化も並行して実施しており、今年3月には南陽事業所(山口県)の増強工事が完工。年内の本格稼働を目指している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る