東ソーは塩ビ、クロル・アルカリ事業における海外投資を検討する。2022年度中に判断する考え。1日に社長に就任した桒田守社長は、東南アジア地域におけるクロアリ製品の需要増を積極的に捉える一方、電解設備から塩化ビニル樹脂などクロアリ製品まで手がけるサプライチェーン一貫の設備投資は1000億円近くの大がかりな投資となるため、二酸化炭素(CO2)排出対策や有望な候補地、長期的な収益計画を慎重に見極めて判断する。

続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

経営の最新記事もっと見る