東ソーは、耐ヒートサイクル性に優れるPPSコンパウンドの商業化へ向けた取り組みを進める。ターゲットとなる自動車分野での採用に向けては、プラント設備によるサンプル品の提供が必須なため、プラントサンプルを供給可能な設備の新設を検討している。足元では設備仕様を決める作業を行っており、早ければ今後1年弱以内に供給可能となる。広くサンプル提供を実施し自動車メーカーの認証につなげたい考え。認証を得れば本格的なプラントの建設が現実味を帯びてくる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る