東ソー分析センターは、受託分析企業としては国内最高レベルの性能を誇る高磁場核磁気共鳴(NMR)装置を導入する。同装置は、原子核が磁場の中で共鳴現象を起こす性質を利用して物質の構造や状態を調べる装置。同社が新設置する装置は、液体、固体、有機から無機まで幅広く対応できるマルチな設備となっている。糖鎖構造の解析などバイオ関連にも応用可能。同社は、東ソーグループ向けの解析、試験、検査を主体としているが、今回の最先端NMR装置導入を機に、グループ外からの分析・解析受託事業を本格化する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る