東レはオートモーティブセンター(名古屋市港区、清水信彦所長)でCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)対応の素材開発を強化する。電気自動車(EV)の動力源となるリチウムイオン2次電池(LiB)向けでは、電極などLiBの内部構造を熟知する研究者を拡充する方針。LiB自体の研究機能を同センターに内包することで、今後の需要増が予想される出力系LiBなどに適した外装材を実現していく。また、次期パワートレインの開発に向け、軽量化や安全性に対する取り組みを加速する。パートナー企業とともにスペックからの作り込みを行いながら、次世代車への採用へとつなげる考えだ。続きは本紙で

清水所長

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る