東レの日覺昭廣社長ら首脳陣は1日、金沢市内で会見し、米中貿易摩擦の影響のほか炭素繊維複合材料、繊維など各事業の取り組みを語った。複合材料事業では同事業本部長の須賀康雄常務取締役が「買収した熱可塑性プリプレグ世界最大手・蘭テンカーテとの技術シナジーが進んでいる」と強調。次世代航空機に向けた拡大戦略に自信をみせた。

左から大矢専務、日覺社長、須賀常務

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る