東レは、感光性銀ペースト「レイブリッド」の用途開拓に取り組む。タッチパネル配線用途で液晶ディスプレイ(LCD)のスマートフォン需要を取り込んできたが、有機ELスマホにも展開を図る。配線に求められる耐屈曲性の強みを生かす。一方でタッチパネルと配線が一体化した銀メッシュを提案し、ITO(インジウム・スズ酸化物)膜代替を狙う。車載ディスプレイをターゲットに実績化を目指すほか、耐屈曲性を生かしフレキシブルタッチパネルでフォルダブル市場を見据える。続きは本紙で

銀メッシュ(上)は線幅が細いため視認できないが、ITO膜は抵抗を下げると線が見えてしまう

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る