【独デュッセルドルフ=渡邉康広】東レはエンジニアリングプラスチックのテクニカルセンターをドイツに開設する。ポリフェニレンサルファイド(PPS)の欧州におけるトップ戦略の一環で、自動車などのユーザーが多いドイツ南部を候補に詳細を詰め、来年度の稼働を目指す。欧州では昨年、PPSコンパウンド工場を立ち上げたが、ユーザーニーズに迅速に対応するテクニカルセンターを設けることで現地需要の取り込みを強化する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る