東レは猛暑対策用として人気の電動ファン付きウエア向けに、「空調プラスアルファ」の提案を本格化する。単にファンで風を流すだけの服にとどまらず、使用する生地でも快適性を追求する方針。来夏向けから、繊維の内側に太陽光遮蔽粒子を含有させた高機能テキスタイルを訴求していく。採用実績のある太陽光遮蔽特殊コーティング素材と合わせ、生地による“日陰効果”をアピールする考えだ。また、吸湿・接触冷感タイプや意匠性に優れたテキスタイルも併せて展開するなど、スポーツ分野などでも広がりをみせる電動ファン付きウエア市場に対応していく。気候変動の適応策として機能素材の活用を前面に打ち出していく。続きは本紙で

表面にエンボス加工を施した電動ファン付きウエア。需要家のニーズに対応し、東レでは電動ファン付きウエア用にさまざまな素材を用意する方針を示している

【訂正】見出し・記事中に表記されていた「空調服」は株式会社空調服の商標です。このため「電動ファン付きウエア」と訂正しました。

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る