東レは重症敗血症の血液浄化(アフェレーシス)治療に使う吸着型血液浄化器「トレミキシン」の米国承認取得に向け、今月中にも米食品医薬品局(FDA)と最終的な協議に入る。昨年5月に提携先のカナダ医療機器ベンチャーのスペクトラル・メディカル(オンタリオ州トロント)を通じて、米国で承認申請したが、FDAから追加のエビデンス(科学的根拠)が必要と判断された。東レはスペクトラル社を通じて、追加データの収集計画についてFDAと協議する予定。小規模臨床試験を追加実施することも検討する。


吸着型血液浄化器「トレミキシン」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る