東レは液晶ディスプレイ(LCD)用光学フィルムを増産する。成長分野である積層セラミックコンデンサー(MLCC)用離型フィルムの生産設備の増設に乗じ、偏光板の保護フィルム、セパレーター用離型フィルムの生産能力も引き上げる。これらは同じ薄膜PETフィルムとして製造ラインを共有するため、増設にともなう生産効率化で光学フィルムの増産につなげる。4K、8Kと液晶テレビの高精細化が進むなか、品質要求が高まる偏光板周りの光学フィルムを強化し、付加価値分野の需要に応える。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る