東レは、ナノ積層フィルム「ピカサス」で、ディスプレイ向けの用途提案を強化する。加飾フィルムとして優れたデザイン性を訴求するほか、特定の波長の光を透過させるバンドパス機能を生かし、画面保護用途としての採用拡大を見込む。とくに有機エレクトロルミネッセンス(OLED)搭載のスマートフォンが増加するなか、紫外線に弱いOLEDの保護膜需要を確実にものにする考えだ。スマホの表裏を対象にピカサスの拡大を図りながら、色ムラやドットムラを解消する機能などもアピールしていく。2021年度は自動車用途などと合わせ前年比で増収増益を計画する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る