東レエンジニアリングは、次世代フラットパネルディスプレイ(FPD)用製造装置で攻勢をかける。量子ドットLED(発光ダイオード)向けには、量子ドット塗布装置を手がけ、すでに2台の受注実績がある。マイクロLED向けではトリミング装置、リフトオフ装置、マストランスファー装置、発光不良検査装置の開発、実用化を進めている。先行して市場投入を進めることで顧客との関係を強化し、優越的地位の確立を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る