東レプラスチック精工は、熱可塑性樹脂を用いた炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)材料の拡販に拍車をかける。加工性に優れた溶融押出によるシートが、車載用スピーカー振動板に採用されたほか、摺動性の良さが認められて乗用車部材への採用も果たすなど、継続的な出荷の見込める案件が立ち上がってきた。また、親会社である東レとの共同開発のもと、ポリフェニレンサルファイド(PPS)を用いたシートも追加投入した。既存のナイロングレードより耐熱性や耐薬品性に優れることを武器に市場に積極提案していく。

左から開発したPPS/炭素繊維シート、パンチング加工品、ナイロン/炭素繊維シート。耐熱性や耐薬品性が強み

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る