東亞合成は、高耐熱性の新規アクリル系粘着剤を提案する。ポリオレフィンなどの難接着材への接着力を高めるスチレン系タッキファイヤー(TF)を粘着剤表面に偏析させる設計を採用。高温、高湿環境でも良好な接着性を発揮し、先行して自動車内装部材の加飾フィルムで実績を上げつつある。耐候性や透明性に優れるアクリル系粘着剤特有の特徴も備えるほか、TFの偏析制御によりリワーク性も実現する。素材特性を生かし、タッチパネル用途など幅広い分野でニーズを探索する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る