東京化成工業は新規炭素素材「カーボンナノベルト」(CNB)の試薬を市場投入した。CNBは炭素原子の正六角形構造(ベンゼン環)が筒状に曲がってつながった素材。約60年前に存在が理論的に提唱されたが、これまで合成できておらず「夢の化合物」といわれていた。2017年4月に名古屋大学大学院理学研究科の伊丹健一郎教授らが世界で初めてCNBの合成に成功。東京化成工業は同大学から独占的ライセンスを取得し、自社の有機合成技術を駆使して、約1年間という短時間で試薬として製品化した。同試薬が普及することでエレクトロニクスやナノテクノロジー分野で革新的な技術の創出に貢献することが期待されている。


カーボンナノベルトの試薬


CNBは炭素原子の正六角形構造(ベンゼン環)が筒状に曲がってつながった素材

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る