東京印刷機材トレーディング(東京都荒川区)は、独自製法による合金粉の市場開拓を推進する。新たに鉄系軟磁性材料、マグネシウム系熱電材料およびチタン系可視光光触媒材料を開発。鉄系材料は圧粉磁心などの原料として、マグネ系では熱電材料や生体材料向けなどに提案を開始した。同社ではサンプルワークを通じてユーザーとの実用化に向けた開発を進め早期の事業化を目指す。

PDF版のご案内

つづきは本紙をご覧ください

先端材料・部材の最新記事もっと見る