東京応化工業が次世代半導体プロセスへ向けた投資を拡大する。相模事業所(神奈川県寒川町)には世界初といえる危険物対応の超高クリーン設備と、新材料開発のためのオープンイノベーション施設を設ける。海外では、韓国、台湾、米国の各生産拠点で次世代EUV(極紫外線)レジストや周辺薬剤の生産を始める。半導体業界は減速傾向にあるが、先行投資を行うことで次の成長に備える。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る