東京産業は新規事業育成の一環として、生活関連事業への取り組みを本格化する。包装資材とトイレ自動流水器の販売では国内シェアを拡大。米穀加工機械では、連携しているメーカーが保有する精米機械の技術をレジンの選別に応用することによって、化学業界を新規市場として開拓していく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る