東京産業は、中小規模工場への低コスト導入・維持が可能なIoT(モノのインターネット)活用遠隔監視システムの販売を本格化する。10月に同システムを開発したグループ会社のキクデンインターナショナルと合併したことを機に、物流や重機、エネルギー関連など広範な分野に向け提案を強化する。さらにコストパフォーマンスに優れ、顧客がより導入しやすい新製品の投入も予定している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

 

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る