【シンガポール=岩﨑淳一】東南アジアでポリカーボネート(PC)などのエンジニアリングプラスチックがおう盛な需要に供給し切れないほどの活況となっている。自動車やOA機器部品向けなどが安定成長を続ける一方、中国の環境規制強化でプラント稼働率が低下し中国品の流入が減少していることがひっ迫の要因。PCやポリアセタール(POM)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)などほぼ全ての製品がタイト基調。日系各社は好環境下で収益性の高い高付加価値品の比率を高め事業基盤の強化につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る