化学工業薬品や合成樹脂などを扱う専門商社の東和通商は、新規事業として化粧品事業に乗り出した。昨年12月にスキンケア事業室を新設し、フリーズドライの生コラーゲン「AQUAOSMO モイスチャージェルシート」の販売を開始した。さらにAQUAOSMOシリーズとしてラインナップする方針で、化粧水の開発を進めており、12月の発売を目指している。これまでのBtoBのビジネスに加え、BtoCの新たなビジネスモデルへの展開を目指し、化粧品事業を柱の一つに育成する。

「AQUAOSMO モイスチャージェルシート」(上)はシートを1日1~2回、手のひらの上かシートの入っているカップのなかで、水で溶かして肌に塗布する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る